「若いからパソコンお詳しいんやね」

 順子さんの問いに青年が口元を少し緩めたように見えた。


「私の家内も歌が好きでしてね。ま、阪神大震災で亡くなりましたけど」

 笑顔の順子さんが表情を一転させる。


 石川先生が飲みかけたコーヒーをカチャリと置いた。

「家内は高校の音楽教師でして、うちでよくアメイジング・グレイスを聴かせてもらいました」

 ピアノマンは笑顔のままコーヒーをすすった。


 ピアノマンからはじめてコメントがきたのは確か順子さんのアメイジング・グレイスの動画を投稿したときだ。

 奥さんを思い出してコメントを寄せてくれたのだろう。


 それにしても、僕は青年のことが気になっていた。

 物静かと言うよりかは表情に乏しい。

 色白で美男子ではあるがどこかうつろな目をしている。