風来の万博小娘

アウトドアや釣り自動車関連の記事を掲載しております(*^^)v

    2019年08月


    梅雨明けの調布・多摩川に釣り人戻る 「江戸前アユ」に釣果期待 - 秋田経済新聞
    長かった関東地方の梅雨が明け猛暑日が続く中、長梅雨の影響で解禁後も少なかったアユ釣り客の姿が7月29日、調布を流れる多摩川でも多く見られるようになった。
    (出典:秋田経済新聞)


    京王線多摩川橋梁 新関戸橋 関戸橋 JR南武線多摩川橋梁 是政橋 稲城大橋 多摩川原橋 京王相模原線多摩川橋梁 多摩水道橋 小田急小田原線多摩川橋梁 東名高速道路多摩川橋 新二子橋 二子橋と東急田園都市線二子橋梁 新多摩川大橋 東急東横線多摩川橋梁 丸子橋 JR品鶴線・東海道新幹線多摩川橋梁 多摩川大橋(第二京浜)
    74キロバイト (9,896 語) - 2019年7月5日 (金) 23:57



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    【梅雨明けの調布・多摩川に釣り人戻る 「江戸前アユ」に釣果期待】の続きを読む

    なんか懐かしいな これは(*‘ω‘ *)
    私の体の調子が最悪の年でした。


    水遊びがもっと楽しくなるバタ足をしなくても進む「電動ビート板」
    水遊びがもっと楽しくなるバタ足をしなくても進む「電動ビート板」
    …大人が乗っても浮かぶ高浮力設計子供の頃、水泳の練習で使ったあのビート板にモーターとスクリューを合体させてなんと電動化! バタ足しなくてもビート板自体がスイスイと進んでくれるので、小さなお子様や泳ぎの苦…
    (出典:ライフ総合(&GP))



    (出典 hirahira.way-nifty.com)



    【水遊びがもっと楽しくなるバタ足をしなくても進む「電動ビート板」】の続きを読む


    奥多摩ダム自殺譚…釣り人が語るマジもんの怖い話 奥多摩ダム自殺譚…釣り人が語るマジもんの怖い話
    …奥多摩湖の見張り番が出会った恐怖体験【横島勝】とにかくオールジャンル、とことん突き詰める系のマルチエキスパート、横島勝さん。フィールドへの通い込みもハンパじゃないし…何か怖い話を!とリクエストしたとこ…
    (出典:ライフ総合(ルアマガ+))


    奥多摩湖(おくたまこ)は正式名称を小河内貯水池(おごうちちょすいち)と言い、東京都西多摩奥多摩町と山梨県北都留郡丹波山村、同県同郡小菅村に跨る東京都水道局管理の人造湖(貯水池)である。 1957年(昭和32年)多摩川を小河内ダム(おごうちダム)によって堰き止めて造られた。竣工当時、水道専用貯水池と
    17キロバイト (2,102 語) - 2019年8月1日 (木) 11:49



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    【暑い夜は怖い話に限る 釣り人が語るマジもんの怖い話】の続きを読む

    バーのピアノ弾きが( ゚Д゚)


    鮎釣り初めて( ゚Д゚)


    こうなり( ゚Д゚)



    こうなった( ゚Д゚)
    現在進化中!



    三菱 L200 新型、欧州第一便が到着…今秋発売へ 三菱 L200 新型、欧州第一便が到着…今秋発売へ
    …三菱自動車の欧州部門は、新型『L200』(Mitsubishi L200)の欧州第一便が到着した、と発表した。現地では、今秋の発売を予定している。L200は、アジア…
    (出典:産業(レスポンス))


    63%を保有していた。旧三菱自動車工業サッカー部) 三菱水島FC 三菱自動車岡崎硬式野球部 九州三菱自動車硬式野球部(九州三菱自動車販売が運営) 三菱自動車京都ダイヤフェニックス(旧・三菱自動車京都硬式野球部) 三菱自動車倉敷オーシャンズ(旧・三菱自動車水島硬式野球部) 三菱自動車京都レッドエボリューションズ(旧・三菱自動車京都ラグビー部)
    70キロバイト (9,127 語) - 2019年7月30日 (火) 09:31



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    【三菱 L200 新型、欧州第一便が到着…今秋発売へ】の続きを読む

     幼い頃の夏、キャンプに連れて行ってもらったことがあるお月見

     大人の男ばかり5、6人。みんな水中メガネでパンツ一丁になり、川に潜ってヤスで鮎を捕っていた。夕食が何だったかは覚えていないが、その時やった「鮎の味噌焼き」だけはありありと覚えている。

     まず、平らな石を焚き火の横であぶる。水滴をも一瞬で蒸発させるほどに熱くなったら横倒しにする。その上に惜しげもなく味噌を一袋練りだし丸い土手をつくったらその中に鮎を落とし込む。

     鮎は一瞬で白色し身がほぐれる。立て続けに塩、砂糖、酒、醤油、近くに生えていた行者のニンニクをちぎってぶち込み、箸でかき混ぜる。味噌の焦げた香ばしい匂い、ホクホクの鮎の味噌焼きのできあがりだ。

     ほれ、とおじいさんがボクによそってくれた。
     酒が入るのを見ていたボクは恐る恐るそれを口にした。
     ん、うま~いっ! ボクのリアクションに大人達が笑うラブラブ!
     ボクは夢中で食べた。

     夕餉が盛り上がると、あるおじさんがボクをつかまえて英語を教えるという。
     まんじゅうは「オスト アンデ~ル」と流ちょうに発音。じゃあ「エンピツは」と訊くと「トグト シンデ~ル」だと。

     今、そのおじさんらと同じ年になったボクが、コテコテのオヤジギャグ師になったのは、その時の英才教育のせいではないかと思うのだ。


    こんな感じだったのかな~(*‘ω‘ *)
    ちょっと違うかな~
    E38182E38184E3828411

    今から思えばこれってライトスタイルのはしりだったんですかね(*‘ω‘ *)


    6月の販売台数はSUVトップ! 新型トヨタRAV4はなぜ売れるのか? - WEB CARTOP
    日本を代表するSUVとして多くのファンを魅了しているトヨタRAV4。先代は日本で販売されなかったが、新型で復活。6月の販売台数では、SUVのなかでトップとなっている。
    (出典:WEB CARTOP)


    RAV4(ラヴフォー)は、トヨタ自動車が生産・販売するクロスオーバーSUV。4代目は海外専売車となっていたが、5代目で再び日本に投入された。 初代RAV4は、本国の日本でいう「5ナンバーサイズ」に収まるコンパクトなサイズのクロスオーバーSUVであったが、主に北米市場の要求から、モデルチェンジのたび
    41キロバイト (4,377 語) - 2019年7月22日 (月) 00:04



    (出典 toyota.jp)



    【6月の販売台数はSUVトップ! 新型トヨタRAV4はなぜ売れるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ