風来の万博小僧

アウトドアや釣り自動車関連の記事を掲載しております(*^^)v

    2019年09月


    スズキ、インドで新型小型SUV『エスプレッソ』発売 若年層を狙った個性的デザイン
    スズキ、インドで新型小型SUV『エスプレッソ』発売 若年層を狙った個性的デザイン
    …スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ社)は9月30日、新型小型SUV『S-PRESSO(エスプレッソ)』を発売した。新型エスプレッソは、『エスクード』などに代表されるスズキ…
    (出典:産業(レスポンス))



    (出典 car.watch.impress.co.jp)



    【スズキ、インドで新型小型SUV『エスプレッソ』発売 若年層を狙った個性的デザイン】の続きを読む


    【なぜ縮まらぬ納期】新型ジムニー発売から450日 人気の現状と5ドアの噂 【なぜ縮まらぬ納期】新型ジムニー発売から450日 人気の現状と5ドアの噂
    昨年(2018年)7月5日に発表発売した、新型(4代目)ジムニー、ジムニーシエラの人気が止まらない。現時点(2019年9月下旬)でディーラーに問い合わせると、納期はなんと「2020年末から2021年…
    (出典:経済総合(ベストカーWeb))


    渡辺陽一郎 (2018年2月27日). “惜別現行型ジムニー!! ジムニー新型にチェンジする事情、そしてパジェロミニという唯一のライバルをふり返る”. ベストカーWeb. 2018年4月2日閲覧。 ^ “スズキ、磐田の1ライン休止 4輪再編 「ジムニー」を湖西に移管”. 日刊工業新聞 (2018年3月5日)
    103キロバイト (12,331 語) - 2019年8月1日 (木) 15:56



    (出典 c63amg-young.com)



    【【衝撃】新型ジムニー5ドアの噂】の続きを読む


    トヨタ グランビア 新型、海外向け ハイエース 新型がベース…10月オーストラリア発売へ トヨタ グランビア 新型、海外向け ハイエース 新型がベース…10月オーストラリア発売へ
    …ーストラリアで新型グランビアを発売する。グランビアの車名が復活するのは、2002年以来、17年ぶりとなる。新型グランビアは、トヨタが2019年2月、フ…
    (出典:産業(レスポンス))


    グランビア(Granvia)は、トヨタ自動車の3ナンバーサイズのワンボックス型ミニバンである。トヨタオート店(現ネッツ店)の自動車である。 3ナンバー専用ボディーを持つ、トヨタのワンボックスカーでは初めてとなるフロントエンジン車であると同時に、当時のトヨタの最上級ミニバンであった。
    21キロバイト (2,676 語) - 2019年9月10日 (火) 08:49



    (出典 pbs.twimg.com)



    【トヨタ グランビア 新型、海外向け ハイエース 新型がベース】の続きを読む


    ホンダの新型軽N-WGNが王者N-BOXを追い落とす可能性!「身内」を上まわる衝撃の実力と売れ行き ホンダの新型軽N-WGNが王者N-BOXを追い落とす可能性!「身内」を上まわる衝撃の実力と売れ行き
    …N-WGNの人気はデイズやN-BOXをも追い上げていく! ホンダのスーパーハイト系軽自動車のN-BOXの人気はハンパじゃない。今、日本でもっとも売れているクルマであり、販売ランキング1位を更新中。20…
    (出典:産業(WEB CARTOP))


    N-WGN(エヌ ワゴン)は、本田技研工業が生産・販売しているトールワゴン型軽自動車である。 N-WGNは2011年11月に発売したN-BOX(N-BOX +含む)を皮切りに展開している「Nシリーズ」第4弾で、軽自動車「新しいベーシック」を目指し、基本性能を高次元で備えた軽自動車規格
    37キロバイト (4,673 語) - 2019年9月23日 (月) 13:07



    (出典 www.autocar.jp)



    【ホンダの新型軽N-WGNが王者N-BOXを追い落とす可能性!「身内」を上まわる衝撃の実力と売れ行き】の続きを読む


    新型ハスラーを世界初公開[東京モーターショー2019] 新型ハスラーを世界初公開[東京モーターショー2019]
    …ワールドプレミアは4台スズキは、東京モーターショー2019の出展概要を発表。今回は新型ハスラーをはじめ、自動運転社会を見据えたオデルなどのコンセプトモデルと市販モデルを展示する。スズキの出展コンセプト…
    (出典:経済総合(MOTA))


    2019年9月30日 第46回東京モーターショー2019にコンセプトモデルとなる「HUSTLER CONCEPT」を参考出品車として世界初出展(ワールドプレミア)することが発表された。 ハスラークーペ ハスラークーペ リヤ Xターボ (1型・2014年1月 - 2015年12月)フロント Xター
    52キロバイト (7,321 語) - 2019年9月30日 (月) 04:32



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    【新型ハスラーを世界初公開[東京モーターショー2019]】の続きを読む


    これならアオリ被害を防げる!? 「オラオラ顔」ならぬ「オラオラ尻」のクルマ4選 これならアオリ被害を防げる!? 「オラオラ顔」ならぬ「オラオラ尻」のクルマ4選
    …角ばったデザインやボリューム感がイカツ尻の共通点! 信号待ちをすれば、対向車線から鋭い視線を感じ、運転中にバックミラーを見れば、鬼の形相で追いかけられている!? いえいえ、これはサスペンスドラマのシー…
    (出典:産業(WEB CARTOP))


    GT-R(ジーティーアール)は、2007年(平成19年)から日産自動車が製造・販売しているノッチバッククーペ型のスポーツカー(乗用車)。生産は仕向地に関係なく、全て栃木工場が担当している。 日産スポーツモデルの象徴であるスカイラインGT-Rの後継車種である。車両型式としては、C10型スカイラインの初
    102キロバイト (14,467 語) - 2019年9月21日 (土) 01:56



    (出典 i.ytimg.com)



    【これならアオリ被害を防げる!? 「オラオラ顔」ならぬ「オラオラ尻」のクルマ4選】の続きを読む



    シトロエンのマスクをつけたもの。中華人民共和国市場専用車。 C3 C3 プルリエル - C3から派生モデルとして登場。しかし外装については、最初から設計するほどこだわっている。 C3 ピカソ - C3を基にしたMPV(多用途車)である。 C3 エアクロス - C3 ピカソを基にしたSUVである。
    26キロバイト (3,282 語) - 2019年3月12日 (火) 13:21



    (出典 cobby.jp)



    【シトロエン「C3 エアクロス SUV」は見た目はなんちゃってだけど、元気な走りの爽快コンパクトSUVだ】の続きを読む


    【登場は1年半後!!】次期86/BRZ いまわかっているすべて 【登場は1年半後!!】次期86/BRZ いまわかっているすべて
    2012年2月にデビューしたトヨタ86/スバルBRZは丸7年が経過。待望のFRスポーツが鳴り物入りでデビューしてすでに7年が経過したと思うと感慨深いものがある。 その86/BRZはクルマ好きを熱くさ…
    (出典:経済総合(ベストカーWeb))


    86(はちろく)は、トヨタ自動車がSUBARU(旧・富士重工業)と共同開発したFRレイアウトのスポーツカー。トヨタとしてはスポーツ800(ヨタハチ)以来となる水平対向エンジンのスポーツカーである。SUBARUからは兄弟車のスバル・BRZが販売されている。 走る楽しさを追及した「直感ハンドリングFR
    88キロバイト (11,114 語) - 2019年6月10日 (月) 09:53



    (出典 carsmeet.jp)



    【【登場は1年半後!!】次期86/BRZ いまわかっているすべて】の続きを読む


    マルチスズキの新型SUV、『エスプレッソ』…世界市場に投入へ マルチスズキの新型SUV、『エスプレッソ』…世界市場に投入へ
    …スズキのインド子会社、マルチスズキは9月21日、新型SUVの『エスプレッソ』(Maruti Suzuki S-PRESSO)を今秋、インドで発売すると発表した。エスプレッソは、マルチスズキが独自に企画…
    (出典:産業(レスポンス))


    マルチスズキ・インディア(英語:Maruti Suzuki India Limited、通称「マルチスズキ」 )は、日本の自動車メーカー、スズキのインドにおける乗用車生産販売子会社である。 インド政府との合弁会社「マルチ・ウドヨグ」として1981年2月に設立され、インドを含む南アジアで最大の自動
    11キロバイト (1,229 語) - 2019年3月29日 (金) 06:35



    (出典 img1.kakaku.k-img.com)



    【マルチスズキの新型SUV、『エスプレッソ』】の続きを読む


    どんなクルマでも明日からすぐバンライフが楽しめる「X-COVER」…カートラジャパン2019 どんなクルマでも明日からすぐバンライフが楽しめる「X-COVER」…カートラジャパン2019
    …バンライフやカートラベルとは言っても、そのためにクルマを買い替えるのは、躊躇してしまう話だ。カートラジャパン2019(20~22日、幕張メッセ)の会場にはいくつか、ルーフトップテントも紹介されていた。
    (出典:産業(レスポンス))



    (出典 i.ytimg.com)



    【どんなクルマでも明日からすぐバンライフが楽しめる「X-COVER」…カートラジャパン2019】の続きを読む

    このページのトップヘ