風来の万博小僧

アウトドアや釣り自動車関連の記事を掲載しております(*^^)v

    ごりやんくん

     ヒロムはおじいさんが去って行った方向を見た。
     ぼた餅がひとつ転がっている。

     近づいて見ると、ぼた餅は半分に砕け中から小石がのぞいていた。
     ヒロムはアッと声を上げた。

     二人組のワルに取られそうになった時、自分が入れた小石だ。
     おじいさんは小石を噛んだのだ。

     悪いことをした。
     これでゴリヤン君も無くなったとヒロムは肩を落とした。

     うめー、とトシヤンの声がする。
     振り返ると、トシヤンとナオボウがぼた餅を頬張っていた。

     ヒロムも駆け寄ってひとつつまんだ。

     口に含むと甘いあんこの味が広がる。ぼた餅は柔らかくて未だ生暖かく、ヒロムの小さな口では一口で食べきれないほど大きかった。

     ヒロムらは満足げに口をモグモグさせ、三人で顔を見合わせた。

     あっサル、とナオボウが指をさした。

     あの親子ザルが、おじいさんの食べ落としたぼた餅を分け合って食べようとしている。親ザルはぼた餅を拾い上げると挟まっていた小石を投げ捨てた。
     土埃を払い小ザルの口に運ぶと片方を自分の口に入れた。

     仲良くぼた餅を頬張る親子ザルを見て、ヒロムは小石を入れたのが良かったのか悪かったのか解らなくなった。


     翌日、お墓での出来事を話そうと草屋敷に行ったがおばあさんの姿はなかった。

     おばあさんに会えぬまま一週間が過ぎた日、草屋敷に足を踏み入れた三人は驚いた。

     黒い服を着た大人でいっぱいだ。

     草の刈られた庭に何人か立って話をしたり、おばあさんの座っていた座敷にも大人でいっぱいだ。

     ハンカチで涙を拭っているおばさんもいれば、笑顔で煙草を吸っているおじさんもいる。

     その中に一軒目の相撲取りのおばさんがいた。
     おばさんはヒロムらに気づくと近寄ってきた。

    「ぼくらあ今日は早く帰りなさい」

     おばさんの眼は少し潤んでいる。

    「この家なんかあったん」

     トシヤンが訊いた。

    「おばあさんが亡くなったんよ」

     えっ! とトシヤンが声を上げた。

     ヒロムは亡くなったという意味が直ぐには理解できなかった。

     トシヤンが振り返って「あのおばあさん死んだんやって」と言った。

     ヒロムは目を丸くして驚いた。ナオボウも驚いた顔でポカンと口を開けた。

     トシヤンがくすんっと息を吐き出す。

     ヒロムは自然と涙が出た。

     ナオボウが声を上げる。三人は大声で泣き始めた

     大人達が、黄帽にランドセルの三人を奇異な目で見る。

     おばさんら数人が寄ってきてヒロムらの頭をあやすように撫でた。

     ヒロムらはいつまでも泣くのを止めなかった。
     

     数日後、ヒロムはお母さんから妹が生まれることを告げられた。

     お兄ちゃんになるんやっ! ヒロムは飛び上がって喜ぶと二階に駆け上がった。

     窓から身を乗り出し、屋根に飛び乗ったヒロムは、きらめく新緑の森に向かって手を合わせた

    「おじいさん、ぼた餅の小石ごめんなさい。おばあさん、妹のゴリヤンクンありがとう」

    514d8b32f46854e8428a598ed894897c


     おじいさんのお墓の前まで来た。
     おじいさんの墓石は磨かれているように綺麗だ。

     トシヤンは、ヒロムから紙箱を取り上げると蓋を取ってお墓にお供えした。
     トシヤンが両手を合わせると、ヒロムとナオボウも真似るように手を合わせる。

     おいっ、と言ってトシヤンは早足で墓地の入り口と違う方向に進んだ。
     ブロック塀をまたぐとランドセルを脱いで身を隠すように伏せた。
     ヒロムもナオボウも同じように伏せる。泥臭い土の匂いが鼻に入った。

     三人の眼がぼた餅の箱に集中する。
     いつ、おじいさんが出るのか、ヒロムの心臓は割れんばかりに高鳴った。

     すると、一羽のカラスがおじいさんの墓石の上に舞い降りた。

     カラスはぼた餅を狙って墓石の上を跳ねている。
     あのクソガラス、と言ってトシヤンが足下から拾った石を投げつけた。
     カラスは身をひるがえして石をかわすとまた、墓石の上に乗った。
     トシヤンが石をつかんで立ち上がる。

     総攻撃やあ! 
     トシヤンの大声と共にヒロムらも石を投げつけた。
     墓石に当たった石がカンカラッと跳ね返る。
     三人の手からいくつもの石が投げ放たれると、さすがのカラスも遠くに飛んでいってしまった。

     三人はまた腹ばいに寝そべってぼた餅を見守った。
     何の変化もなく時間だけが過ぎる。

     背後でカラスの鳴き声が聞こえた。
     三人はその声に振り返った。
     まだあそこにおるわ、とトシヤンが小声で寝そべったままで指をさす。
     原っぱの向こうの一本松にカラスがとまってこっちを見ていた。

     ガサガサと入り口と反対側の方で音がした。
     三人に緊張が走る。
     音のした方を見ると、おじいさんのような姿がいきなり目に入った。

     でっ出たァ~、トシヤンが声を潜めて地面に突っ伏した。
     ヒロムも息を殺して地べたに伏せた。三人とも押し黙った。
     ヒロムは気付かれないよう息を小さくきざんだ。
     体のくっついたトシヤンもヒロボウも小刻みに震えている。

     ヒロムの頭の中で歯がかたかたと鳴った。
     なぜか体が異常に熱い。
     おじいさんは今ぼた餅に近づいているはずだ。

     「あたーっ!」

     突然おじいさんの悲鳴が響いた。

     ヒロムは心臓が飛び出るほど驚いて頭を両手で覆った

     他の二人もヒロムに身をくっつけて震えている

     怖さ絶頂の中、ヒロムに好奇心が沸き起こった。
     なんでおじいさん悲鳴あげたんやろ。
     ヒロムは恐る恐るブロック塀から眼だけ出して顔を上げた。

     おじいさんが口のところを押さえながら早足で去っていく姿が見えた。
     そして不思議なことに、幽霊のはずのおじいさんは肩にクワを担いでいた

     ヒロムはまた怖さに押しつけられるように身を伏せた。
     三人は暫く起き上がれなかった。

     緊張のあまりどれほど時間が経ったのかもわからなかった。
     カラスの鳴き声が近づいてきた。

     トシヤンがゆっくりと身を起こした。

     おい、もう大丈夫や、そう言ってトシヤンが立ち上がった。

     三人は辺りをうかがいながらぼた餅にゆっくりと近づいた。

     箱の中を見るとぼた餅は三つしかなかった。

    00183222000101

     小さな町の真ん中に小山の森があり、登り切ったところに墓地がある。
     ヒロムがこの春から通い始めた小学校はその森のふもとにあった。ヒロムの家は小学校から二キロも離れており、大人の足でも三十分はかかる道のりだ。
     通い始めて一月も経たぬうち、ヒロムは近道をして帰るようになった。それは、同じ団地に住む三年生のトシヤンに教えてもらった近道だ。ヒロムは大柄なトシヤンの子分のようになって、同級生のナオボウと三人でいつも下校するようになっていた。

     近道とは、途中から正式な下校路とは反対の方に進み、まず、家と家の狭い間を体を横にしてカニのようにすり抜ける。すると、見知らぬ家の庭に出る。一軒目は芝生の庭で、いつも忙しそうに洗濯物を取り込むおばさんに出会す。おばさんは一見相撲取りのようで、最近太ってきたヒロムのお母さんよりも確実にでかかった。おばさんは子供好きなのかいつも笑顔で話しかけてくる。

     塀の隙間から隣の庭に出ると、二軒目は足下まで草の生えた古くさい家だ。いつも三人が通るところだけ草がしなっていて、進んでいくと庭の隅に空色の風呂釜が置かれている。三人はいつも決まったように風呂釜を覗き込むのだが、枯れ葉が浮いているだけだ。夏になると蛙のすみかになるとトシヤンが言うので、ヒロムは夏が待ち遠しかった。
     風呂釜の横には、土の入った発泡スチロールがいくつか並んでいたが、生えているのは雑草だけだ。見上げると錆びた瓦屋根にまで草が生えている。
     トシヤンはこの家を「草屋敷」と呼んでいた。ヒロムは誰も住んでいない空き家だと思っていたが、トシヤンの話では、去年までは白髪のおばあさんがいつも縁側に座っていた、とのことだった。

     草屋敷を過ぎると空き地になっているが、空き地には入らず、周囲に張られたフェンスの外にある側溝の上を歩く。側溝の上は幅二十センチ程しか無い。普段はほとんど水は流れていないが、雨で水量が増すとヒロムのヘソぐらいまでの深さとなり流れも強くなる。
     それがまた三人にスリルを与え、ここが一番ハラハラする場所だった。
    20130419_82796

    このページのトップヘ