風来の万博小娘

アウトドアや釣り自動車関連の記事を掲載しております(*^^)v

    歌うヘンリーのじゅんちゃん

     順子さんは何もかもわかったようにピアノの前に立った。

     石川先生が順子さんの顔を伺いながら演奏を始める。


     アメイジング・グレイスだ。

     雅也君が静かに車いすを押して、ピアノマンを部屋の中央に進めた。


     順子さんの透き通った声が部屋の中に響きわたった。

     アメイジング・グレイス、その驚くべき神の恩寵を僕はまだ知らない。


     様々な形で僕らの日常を断ち切った阪神大震災。

     神がいればあのような地獄はあるはずはない。


     無慈悲なだけの神を信じるわけにはいかない、と僕はあの日からずっと思ってきた。

     それでも、この親子には驚くほどの慈しみがあってほしいと願う。


     ピアノマンも雅也君も幸せに生き続けて欲しい。

     人間はやがて死ぬ。死ねば終わりだ。何もない。血肉は灰となり土となり消滅する。

     だが、人は人の心の中で生き続けることが出来る。


     残された人に慈しみを与え続けることができる。

     それを神と呼んでもいいのではないのか。


     僕は両手を合わせ祈った。初めて心の底から祈った。


     亡くなったピアノマンの奥様であり雅也君の母に対してひたすら祈った。


     そして、三人の絆を生んだ雅也君の実の両親に対しても祈った。

     犠牲になられた多くの命に対しても。


     みんなの絆はいささかも色あせず息づいていると感謝しながら祈り続けた。


     歌い終えた順子さんは、今度は一転陽気にステップを踏むとテネシーワルツを歌い始めた。


     石川先生が体でリズムをとりながらピアノを奏でる。

     雅也君が小さくリズムをとっているようにも見えた。


     胸のつかえが取れ、自分の体に言いようのない清々しさがこみ上げてくるのがわかった。

     順子さんが躍動する。


     ピアノマンも車いすから身を乗り出すようにしてリズムをとる。

     窓越しに西陽が差し込んだ。


     僕ら五人に何か新しい力でも与えるように、光の粒子が燦々と降り注ぎ続けた。


    59253114_277006016515212_793954483968684674_n


                                    了


                                    by  ガバチャ

     気がついたのか、一階から雅也君が上がってきた。

     ピアノマンの肩に手を置くと介抱するようにさすった。


     ピアノマンが目を腫らしたまま口元で笑顔をつくる。


    「順子さん、お願いします。私にアメイジング・グレイスを歌ってください」

     ピアノマンの問いに、順子さんはハンカチで鼻を押さえたまま黙って何度も頷いた。

     目は真っ赤だ。


     僕らは一階のある部屋に案内された。

     そこには立派なグランドピアノが置かれていた。


     さっき見た映像の部屋だ。


    「雅也が毎日手入れしてるのでピカピカです」

     ピアノマンが言い終わるが早いか、石川先生がピアノに向かう。

     確かめるように鍵盤を弾くと、おーっと眉をつり上げた。


    「これは良い。最高やっ」

     石川先生の大きな声と同時に、雅也君が扉を閉めた。


    「この部屋は防音になってますので少々大きな音を立てても大丈夫です」

     ピアノマンが順子さんに目配せした。

    9_G_GB1K_1080_1080[1]_396x396_fb428b6c98eab27cd82be1aef4315e96

     ピアノマンは順子さんが着座すると口を開いた。


     私の父は神戸港の荷役会社の社長でした。

     私も若い頃からその会社で働いておりまして、家内とは見合いで結婚しました。


     家内は高校の音楽教師をしていましたが結婚してすぐに辞めました。

     ジャズが好きであちこちの店にジャズを聴きに行っていたようです。


     私は仕事しか興味の無い人間でしたので、ジャズなどというものの良さはわかりませんでした。

     だから、家内と二人でジャズを聴きに行った記憶はありません。


     家内はいつも女子大の時の同級生らと行っていたようです。

     私たちには子供がいませんでした。


     家内はそのことについて悩んでいました。


     雅也は、養子です。

     二歳の時に私の姪の家から我が家に来ました。


     私と家内は五十歳になっていました。

     雅也が小学四年の時に阪神大震災が起こり家内が亡くなりました。


     姪の家族は主人も長男も次女も亡くなってしまいました。

     皆が茫然自失となる中で、姪が雅也を引き取りたいと家に来ました。


     姪は平常心を失っていました。


     子供の雅也には最初どのようなことなのかわからなかったようですが、やがて気がつくとしばらくは落ち込んでいました。

     私は雅也を実の母のところに行くようにと説得しました。


     でも雅也は行きませんでした。

     ついに姪は精神疾患と診断され入院しました。


     二、三年ほど入退院を繰り返したあげく自ら命を立ちました。

     その時雅也は中学生でした。


     優しすぎる性格からか、学校でいじめに遭ったようです。

     私は顔を腫らして帰ってくる雅也を見て、何度も先生に訴えましたが何も変わりませんでした。


     雅也は不登校になりました。

     私は学校なんか行かなくていいと思いました。


     幸いなのは私の荷役会社が好調なことだけでした。

     経済的には何の不安もなく、お手伝いさんまで雇って私と雅也は不自由なく暮らしました。


     雅也は独学で高校に行きました。

     高校というか大学に入るための専門学校です。


     そして、雅也は神戸大に入りました。

     私は天にも昇るほど嬉しく喜びました。


     それが入学して一年経とうかという時に、病院から連絡がありました。


     自殺未遂です。睡眠薬でした。

     退院してもめまいや幻聴が続き、引きこもりになってしまいました。


     家のカーテンはずっと閉じられ、食事すらままならない状態となりました。

     その最中、私が健康を損ねました。


     糖尿病による脳梗塞で歩行障害が残りました。

     病院でリハビリをするうち、退院したら雅也と一緒に死のうと思うようになりました。


     それが、私が自宅に戻ると雅也が部屋から出てきて、私の世話をしてくれるようになったのですっ。

     

     話を切ったピアノマンは、体を揺すって嗚咽した。

     順子さんが両手で顔を伏せた。

    kbdstanding-e1470586037111

     

     

     

    「奥さん、おきれいな方ですね。声もすごく透き通っていて素敵です」

     順子さんの目頭が光る。


    「いやいや、順子さんに言われると家内も恐縮しますよ」

     ピアノマンは口元を緩ませた。


    「あの、わたし思ったんですけど、奥さん、似てますね。若い頃の順子さんに」

     石川先生に向かって順子さんがはっとした顔を上げた。


     石川先生は若い頃から順子さんのことを知っている。

     ピアノマンの奥さんを四十代の頃の順子さんと重ね合わせたのだろう。

     僕は順子さんの顔をまじまじと見た。


    「容姿も歌い方も声色もね。ビブラートを効かせるときに少し斜め上を向くところなんかは瓜二つですよ」

    「私も雅也にブログの映像を見せてもらったときには驚きました」

     ピアノマンの言葉に汽笛が重なる。

     

     遮られたように会話が途切れた。

     汽笛は腹に響くようにボーっと三回鳴った。

     順子さんが立ち上がって船を探す。


     白い大きな船が僕の目にも入った。

    「どこかの豪華客船でしょう」

     ピアノマンは振り返りもせずにつぶやいた。


     ベランダに出た順子さんの短い髪がぱさぱさと風に舞う。

     石川先生は興味が無いのか、座ったまま腕組みをして何かを考えている様子だ。


    「風が出てきましたわね」

     順子さんが両手で身を覆うようにして戻ってきた。

     雅也君がいつの間にかいなくなっていた。

    AS20180428001448_commL

     画面が明るくなって床らしきものが映る。

     この家のどこかの部屋のような感じだ。


     アングルが変わってグランドピアノに女性が向かっている映像が映った。

     ピアノに向かっている髪の長い小柄な女性がこちらを向いて笑顔でピースサインをする。


     黄色のTシャツにジーパン姿。

     細面の端整な顔立ちだ。


     小さな男の子の声が近づいたり離れたりしている。

     何を言っているのかはわからないが、もういい、もういいと言っているようにも聞こえる。


     女性はやおら弾き語りを始めた。

     アメイジング・グレイスだ。


     小柄なのに声量がある。

     伸びのある透き通った声が響く。


     僕は息をのんで見入った。

     石川先生は食い入るように首を突き出している。

     順子さんは口パクでリズムをとっていた。


     一番が終わって間奏に入ったところで、男の子が現れ「ママ、ママ」と言って太ももの辺りにしがみついた。

     女性は演奏をやめ「マー君、ママいいとこなのにー」と抱き上げてほっぺたをすり寄せた。


     そこで映像は中断され今度は運動会の場面になった。


    「止めていただけますか」

     ピアノマンが静かに言った。


    1_SiFVSUENVSG9zURm3-UTWw

    「お母さんの歌のCD聴きたいんやけどな」

     雅也君は相づちだけ打って三階に消えていった。


    「うわあ、見せてもらえんのぉ」

     順子さんが嬉しそうに両手を合わせる。

     カチャカチャと音を立てながら雅也君がゆっくりと階段を降りてきた。


     手にはノートパソコンとかコード、マウス、CDのケースを抱えている。

     僕は駆け寄り、持ちにくそうにしている雅也君の手からノートパソコンとコードを取り上げ加勢した。


     ピアノマンがお目当てのCDをめくって探す。

     首を傾げながら、一枚のCDを透かすように裏表見返すと僕にそれを手渡した。


     セットされたパソコンにCDを挿入する。

     順子さんと石川先生が僕をはさんで画面に向かった。

     雅也君は少し離れて立っている。


    「ここでいいんかな」

     雅也君に訊きながら僕は操作を進めた。

    kbdstanding-e1470586037111

    「あそこに懐かしいものがあるでしょう」

     とピアノマンが肩を揺する。


    「あら珍しいステレオ。あれ鳴んの?」

     順子さんが目を丸くして尋ねる。


    「ええ、ノイズがすごいですけど鳴ることは鳴ります。これも雅也がレコードを全てパソコンにうつしてノイズをとってくれまして、綺麗な音で懐かしい曲を聴いてますわ」

    「へー、なんでもパソコンで出来るようになってほんまに便利な世の中ですね。私ら時代遅れの人間は驚かされるばかりですわ」

     と石川先生は頭をかいた。


    「ほんまにそうですわ。ビデオかて、昔撮ったテープ式のものを雅也が全てCDとか言うものにしてくれて、パソコンでさっと映りますしね」

     そこまで言ってピアノマンは「雅也、雅也」とかすれ声を上げた。

     雅也君が一階から音もなく現れる。

    slide_IMG_0550

    「お若いから、雅也君パソコンにお詳しいんでしょう」

     順子さんの言葉にピアノマンは笑みをつくった。


    「ええ、学生の時には何かの資格を取ったようです。私にはわかりませんが」

    「この方はガバチャさんってみんなから呼ばれてるんですけど、パソコンに詳しくてね、あたしも今年七十三になるんですけどインターネット始めたんですわ」


    「いや、僕はぜんぜん雅也君にはかないませんわ。若い人は新しい事に機敏について行けますのでね。きっと雅也君にいろいろと教えてもらわないといけないぐらいですよ」

     そう言って顔を振ると、石川先生が部屋の隅に目をとめていた。


     おびただしいレコードが積み上げられている。


     古い家具に囲まれて気がつかなかったのだが、その横には大型のステレオもある。

     昭和四十年代後半に流行った型だ。

    世界各地の膨大なレコードコレクションをチェックしよう

     石川先生が口をはさんだ。

    「あの、ピアノマンさんもブログかなんかされているんですか?」

     ピアノマンは明るい表情をつくると

    「雅也に七十の手習いで教えてもらってます。最近はこれ一つでいろいろな買い物も出来るので助かってます」

     と答えた。


      この家ではパソコンは必需品なのだろう。

     年老いた車椅子の父と息子の二人暮らしでは、食事も思うようにならないはずだ。


     今時は日用雑貨だけでなく給食までインターネットで申し込めば配達してもらえるし、庭の手入れなども業者に申し込めばよい。


     そうしなければ、この二人は自分たちの生活を維持することは出来ないのだろう。

     あのうら若い物静かな青年が、働きながら父の面倒を見ているとは思えなかった。

    ac15ea5e3bcc2c719f84dab49f0807cba3d57ab6_92_2_2_2

    「私の動画見て思い出されたんやね」

     順子さんが目を潤ませる。

     はい、とだけ返事をすると、ピアノマンは急に口を結んでコーヒーを置いた。


     その表情は何か言いたいことをこらえているようにも見える。

     沈黙の中、青年が小さな会釈をして一階に消えていった。


     庭の木で小鳥がチッチッとじゃれ合って飛び去っていく。


    「ここはいろいろな鳥が来て楽しめます」

     ピアノマンはコーヒーカップに視線を止めたまま独り言のようにつぶやいた。

     僕らはじっと黙って窓外に目を移した。

     生ぬるい風が頬をなでる。


    「雅也はほんとに優しい子でしてね」

     ピアノマンの声が妙に透き通って聞こえた。


    「ほんまに優しそうな顔してはるもんねえ。あたしもあんな子が欲しいわ」

     何気ない順子さんの言葉に、ピアノマンは短く微笑むと視線を落とした。


    921c5ec8

    このページのトップヘ