風来の万博小娘

アウトドアや釣り自動車関連の記事を掲載しております(*^^)v

    自動車


    こんなジムニーを待っていた! 本気で遊べるアウトドアスタイルのジムニーって!?【ジムニー天国2020】

    ツーリング&キャンプ。そんなアウトドア遊びに使える魅力的なクルマ作りを意識するのが静岡県に店を構えるO.G Baseだ。


    ベース車両はJB64。エクステリアで注目したいのが前後バンパー。フロントはセンターと左右の3ピース仕様。いずれもFRP製となっており、両サイドには純正フォグを装備可能。面白いのは前後いずれにもヒッチメンバーを装備している点。ここにウインチを固定できるため、いずれの方向でもレスキューが可能だ。

    ジムニー(Jimny)は、スズキ(1990年9月以前は鈴木自動車工業)が1970年(昭和45年)から市販している軽自動車のオフロード四輪駆動車である。通常「ジムニー」は軽自動車モデルを指すが、当項目では普通自動車登録であるジムニーシエラ、ジムニーワイド等についても併記する。
    105キロバイト (12,722 語) - 2020年4月17日 (金) 13:34



    (出典 dime.jp)



    【こんなジムニーを待っていた! 本気で遊べるアウトドアスタイルのジムニーって!?【ジムニー天国2020】】の続きを読む


    ダイハツ 新型タフト 真のライバルはハスラーじゃなくてジムニー!? 各部の違いを比較

    2020年6月発売予定のダイハツ「新型タフト」の詳細画像が新たに公開された。新型タフトは本来「スズキ ハスラー」の対抗馬となるクルマだが、ゴツく力強いデザインは「スズキ ジムニー(JB64)」も意識しているように見受けられる。ここではあえてハスラーではなく、ジムニーと新型タフトを写真で見比べながら、内外装のデザインや機能を比較していく。

    ダイハツ 新型タフト 真のライバルはハスラーじゃなくてジムニー!? ダイハツ 新型タフト 真のライバルはハスラーじゃなくてジムニー!?
    …いる。ジムニーは運転席・助手席の間に設置されているため、ドリンクの取りやすさは新型タフトに軍配が上がる。■リア・ラゲッジスペース比較新型タフトのリアシ…
    (出典:経済総合(MOTA))


    タフト(TAFT)とは、ダイハツ工業が生産・販売していたジープ(ヘビーデューティー)タイプの普通乗用車、及び2020年初夏以降より販売予定のクロスオーバーSUV (CUV) タイプの軽自動車である。 タフト登場以前の四輪駆動車市場には、トヨタ・ランドクルーザー、日産・パトロール、三菱・ジープといっ
    10キロバイト (760 語) - 2020年4月21日 (火) 06:27



    (出典 creative311.com)



    【ダイハツ 新型タフト 真のライバルはハスラーじゃなくてジムニー!? 各部の違いを比較】の続きを読む


    大人二人の車中泊も超快適!? ホンダアクセスコラボのN-VANが登場!【GO TO OUTDOOR】

    キャンピングカービルダー「ホワイトハウス」が展示していたホンダ N-VANのキャンピングカー「N-VAN COMPO POP(コンポ ポップ)」です。こちらはホンダアクセスとのコラボ第2弾! ハイエースなどに比べてボディサイズが小さいN-VANですが、大人2人が快適に車中泊ができちゃうんです。それだけでなく、N-VANの特徴を活かした機能・工夫が満載で、車中泊はもちろん様々な遊びにも使いたくなるような楽しいキャンピングカーとなっています。

    軽なのに大人二人の車中泊も超快適!? ホンダアクセスコラボのN-VANが登場! 軽なのに大人二人の車中泊も超快適!? ホンダアクセスコラボのN-VANが登場!
    …イズが小さいN-VANでも大人2人が快適に車中泊ができるのがポイント!それだけでなく、N-VANの特徴を活かした機能・工夫が満載で、車中泊はもちろん様…
    (出典:経済総合(MOTA))


    N-VAN(エヌ バン)は、本田技研工業が生産・販売する軽貨物車である。 2011年11月に発売した初代N-BOXを皮切りに展開している「Nシリーズ」の第5弾で、軽商用車の「新しい姿」を目指して開発された。LPL(ラージプロジェクトリーダー=開発責任者)は本田技術研究所所属で、初代N
    14キロバイト (1,510 語) - 2019年10月20日 (日) 06:58



    (出典 i.ytimg.com)


    N-VAN 改造 車中泊仕様に

    (出典 Youtube)



    【 大人二人の車中泊も超快適!? ホンダアクセスコラボのN-VANが登場!【GO TO OUTDOOR】】の続きを読む


    大好評でリニューアル!? ジャオスからジムニーシエラ専用「JAOS マッドガード3」が発売!

    SUV&4WDリアビューの定番「JAOSマッドガード」シリーズ。

    スズキ ジムニーシエラ JB74用には汎用タイプのJAOSマッドガードをカットして装着する「JAOSマッドガード車種別取付キット」を設定していたが、予想以上に好評だったため、車種専用タイプの「JAOS マッドガード3」にリニューアルした。

    "車種専用"になったことで車両に合わせて予めカットされたフラップと取付けに必要な部品が揃っており、面倒な採寸やカットをすることなくスムーズで確実に装着することができる。

    大好評でリニューアル!? ジャオスからジムニーシエラ専用「JAOS マッドガード3」が発売! 大好評でリニューアル!? ジャオスからジムニーシエラ専用「JAOS マッドガード3」が発売!
    …株式会社JAOS(ジャオス)はスズキ ジムニーシエラ(JB74)専用「JAOS マッドガード3」を発売。価格はフロント、リア共に15,400円(税込)…
    (出典:経済総合(MOTA))


    ジムニー(Jimny)は、スズキ(1990年9月以前は鈴木自動車工業)が1970年(昭和45年)から市販している軽自動車のオフロード四輪駆動車である。通常「ジムニー」は軽自動車モデルを指すが、当項目では普通自動車登録であるジムニーシエラジムニーワイド等についても併記する。
    105キロバイト (12,722 語) - 2020年4月17日 (金) 13:34



    (出典 www.jaos.co.jp)



    【大好評でリニューアル!? ジャオスからジムニーシエラ専用「JAOS マッドガード3」が発売!】の続きを読む


    でっかいガラスルーフがすごい 期待のアウトドア軽ワゴン、画像で見る「新型タフト」

     タフトは、軽トールワゴンの「タント」やコンパクトSUV「ロッキー」に続き、新世代車向けプラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用した期待の第3弾。日常にもレジャーにも使えるクルマをコンセプトに、遊び心のあるSUV風スタイルに仕上げました。直線基調のスクエアボディーに樹脂製フェンダーを組み合わせ、アウトドアの遊び道具として想像がふくらむデザインです。

     そして装備にも注目。ガラスルーフの「スカイフィールトップ」が全車標準装備となります。大きな天窓でグッと開放的になる車内空間が心地よさそうです。また、荷台をフラットにできる可倒式の後部座席とともに、キャンプ用品などの大きな遊び道具も無理なく積み込めます。遊び方も広がりそうです。

    タフト(TAFT)とは、ダイハツ工業が生産・販売していたジープ(ヘビーデューティー)タイプの普通乗用車、及び2020年初夏以降より販売予定のクロスオーバーSUV (CUV) タイプの軽自動車である。 タフト登場以前の四輪駆動車市場には、トヨタ・ランドクルーザー、日産・パトロール、三菱・ジープといっ
    10キロバイト (760 語) - 2020年4月21日 (火) 06:27



    (出典 clicccar.com)



    【でっかいガラスルーフがすごい 期待のアウトドア軽ワゴン、画像で見る「新型タフト」】の続きを読む


    【ハリアーとRAV4】かんたんに比較対象にできないワケ そもそもハリアーはなぜ人気なのか

    トヨタは4月13日、新型ハリアーを発表した。

    5月から全店舗全車種併売が始まるトヨタディーラー各社にとって、新型ハリアーは強い味方だ。

    フルモデルチェンジまでの車齢の中で、新車販売の直後で一気に売る上げが延びる「新車効果」の後でも、販売台数を安定して維持する、いわゆるロングテールな商品だからだ。

    【ハリアーとRAV4】かんたんに比較対象にできないワケ そもそもハリアーはなぜ人気なのか 【ハリアーとRAV4】かんたんに比較対象にできないワケ そもそもハリアーはなぜ人気なのか
    …Momota(桃田健史)トヨタは4月13日、新型ハリアーを発表した。5月から全店舗全車種併売が始まるトヨタディーラー各社にとって、新型ハリアーは強い味方だ。フルモデルチ…
    (出典:産業(AUTOCAR JAPAN))


    でレクサス店での取扱いに移行したが、その後も2代目モデルの2.4L車及びハイブリッド車が「ハリアー」ならびに「ハリアーハイブリッド」として継続して販売されていた。その後、約一ヵ月の休売期間を経て3代目ハリアーにフルモデルチェンジされ、レクサスRXから分離・独立して日本国内専売車種となった。
    50キロバイト (5,906 語) - 2020年4月14日 (火) 09:40



    (出典 car.watch.impress.co.jp)



    【【ハリアーとRAV4】かんたんに比較対象にできないワケ そもそもハリアーはなぜ人気なのか】の続きを読む


    【ジムニーで悪路を極めろ】超オーソドックスだけど技あり!! オフロードの聖地で新作ホイールを試してみた

    ジムニーの販売が好調だ。コロナウイルスの影響があった前でも納期は1年待ちは当たり前だったのだから、もはや実用車として以上の人気要素があるようだ。

    今回はジムニーを愛するオフローダーに新作ホイールを紹介しよう。

    ジムニー(Jimny)は、スズキ(1990年9月以前は鈴木自動車工業)が1970年(昭和45年)から市販している軽自動車のオフロード四輪駆動車である。通常「ジムニー」は軽自動車モデルを指すが、当項目では普通自動車登録であるジムニーシエラ、ジムニーワイド等についても併記する。
    105キロバイト (12,722 語) - 2020年4月13日 (月) 04:29



    (出典 carsmeet.jp)



    【【ジムニーで悪路を極めろ】超オーソドックスだけど技あり!! オフロードの聖地で新作ホイールを試してみた】の続きを読む


    スズキが「ジムニートラック」に本気!? ピックアップ登場は2023年頃か?

    ジムニーシエラ」のピックアップトラックスタイルは、スズキが東京オートサロン2019に参考出品し、来場者やメディアから量産化への期待が高まった1台です。


     あれから1年以上経ちますが、果たして本当に量産されるでしょうか。

    スズキが「ジムニートラック」に本気!? ピックアップ登場は2023年頃か? スズキが「ジムニートラック」に本気!? ピックアップ登場は2023年頃か?
    …ジムニートラックの量産化は実現するのか?「ジムニーシエラ」のピックアップトラックスタイルは、スズキが東京オートサロン2019に参考出品し、来場者やメデ…
    (出典:経済総合(くるまのニュース))


    ジムニー(Jimny)は、スズキ(1990年9月以前は鈴木自動車工業)が1970年(昭和45年)から市販している軽自動車のオフロード四輪駆動車である。通常「ジムニー」は軽自動車モデルを指すが、当項目では普通自動車登録であるジムニーシエラ、ジムニーワイド等についても併記する。
    105キロバイト (12,722 語) - 2020年4月13日 (月) 04:29



    (出典 www.webcg.net)



    【スズキが「ジムニートラック」に本気!? ピックアップ登場は2023年頃か?】の続きを読む


    釣り好き必見! “釣り師専用”ハイエース「釣りエースII」が登場

    今回は紹介するのはダイレクトカーズが展示していたアウトドア仕様のハイエース。釣り好きが釣りを存分に楽しめるようにと作られた、その名も「釣りエースII」です!

    アウトドア好きや車中泊に少しでも興味がある人は是非チェックしてみてくださいね!


    釣り好き必見! “釣り師専用”ハイエース「釣りエースII」が登場 釣り好き必見! “釣り師専用”ハイエース「釣りエースII」が登場
    …イエース。釣り好きが釣りを存分に楽しめるようにと作られた、その名も「釣りエースII」です!アウトドア好きや車中泊に少しでも興味がある人は是非チェックし…
    (出典:経済総合(MOTA))


    エースに換わった。 トヨタ・グランビア/トヨタ・レジアス/トヨタ・グランドハイエース/トヨタ・ツーリングハイエース/トヨタ・グランエース トヨタ・レジアスエース トヨタ・アルファード/トヨタ・ヴェルファイア トヨタ自動車 トヨタ・ハイメディック(ハイエースをベースとした救急車) トヨタ・ハイラックス
    80キロバイト (9,796 語) - 2020年3月10日 (火) 06:03



    (出典 images.funcars.jp)



    【釣り好き必見! “釣り師専用”ハイエース「釣りエースII」が登場】の続きを読む


    【「乗ってワクワク」で選ぶなら?】 ジムニーが高評価!! ドライバーズSUVオススメ 6選

     クルマを選ぶ基準が「走りの愉しさ」から実用性へと重きを置くようになった。それはわかる。

     しかし、せっかく決して安くはないお金を払って買うクルマだ。多様な楽しみ方をできるものを選んで損はない。最近は走りも愉しみたい人向けのSUVも増えてきた。


     そこでここでは、自動車評論家7人による「走りも妥協したくない人のためのオススメSUVモデル6選」をお届けする。


    SUVと省略して呼ばれる。本記事においてはSUV車ではなくSUVと記す。 SUVには様々な種類と出自が存在するため明確な定義は存在せず、メディア、辞書、ジャーナリストの間でも意見が分かれている。近年はあまりに多様化が進行しているため、「カテゴライズを各消費者に委ねたものがSUVだ」という意見まである。
    27キロバイト (3,625 語) - 2020年4月5日 (日) 06:24



    (出典 www.suv-land.jp)



    【【「乗ってワクワク」で選ぶなら?】 ジムニーが高評価!! ドライバーズSUVオススメ 6選】の続きを読む

    このページのトップヘ